IKIYA-SOOBOU

施工事例 WORKS

“家族の時間”と“個々の時間”を大切にした家作り

  • ikiyasoobou F フルオーダー
  • 造作家具
  • ストレイタ
  • ヘイメスペイント
  • モールテックス
  • 吹抜け
  • 自然素材
  • ママ目線
  • 対面キッチン
  • 収納たっぷり

大きな屋根と広い庭が印象的なNさん邸。引越しから一ヶ月、ご夫婦それぞれの趣味を形にした家での生活について話を伺った。

「夫婦それぞれの時間を大切にしたい」

奥様は自宅にてフェイシャルサロン“flair”を開かれている。

以前は保育士として勤めていたという。結婚を機にずっと好きだった美容を仕事にしようと決心した。自宅サロンにした決め手は、娘さんとの時間、そして自分のペースを守りながら仕事を続けることの両立が可能であった点だ。

玄関を境に左右に生活スペースとサロンスペースを分けることで、玄関を増やさず仕事と家事をスムーズに切り替えることができる。隙間時間を有効活用でき、自宅で仕事することを選んで良かったと嬉しそうに話してくれた。

 行き止まりのない生活動線が家づくりの一つのテーマだったという奥様。一階はどの部屋もそれぞれ行き来できるようになっていて、家事の効率化に一役買っている。

ご主人の趣味はトレーニングとサーフィン。

 以前通っていたジムでは、時間制限や順番待ちなどで自由にトレーニングを行えず、自分のトレーニングルームを持ち時間を有効に使いたいと考えていたという。空間を無駄なく使い、集中してトレーニングに取り組める環境が整っていると感じた。

 玄関外側にあるサーフィン用品の大容量収納スペース。車庫からの動線もよく、サーフィンから帰宅して収納、そして玄関とスムーズに移動でき使い勝手が良さそうだ。

「子どもはいずれ巣立つもの」

子どもがいつまでも過ごすことを考えて“子ども部屋”としての部屋を作るよりも、将来巣立ってからの利便性も考え、一つの部屋としての機能を重視したというご夫妻。二階にある広い部屋は、娘さんに個室が必要になるまで便利な収納スペースとして機能しそうだ。子どもの自主性を尊重するご夫妻の考えが空間に表れているように感じた。

「“個々”も大切に、育む家族の時間」

広い庭には、花壇や家庭菜園を作る予定だという。

Nさんご夫婦はともに田舎育ちで、子どものころは身近に畑があるのが当たり前だったという。食べることが大好きな娘さん。土に触れ野菜を育て、収穫・食べるまでの食育を通して、ご夫婦が経験された思いを共有したいと考えているそうだ。

 

 今後の展望を伺うと、夫婦それぞれの時間を大切にしながら、娘さんの成長とともに生まれていく家族の時間を充実させたい。毎日を丁寧に暮らしていきたいと話してくれた。

 

 

【Topic家】作り中の楽しみ編

家づくり中、ヘイムスペイントの塗装を体験したご一家。シンク・トレーニングルーム・スイッチニッチと自分たちで完成させたことで、家族で楽しい時間を過ごせたこと、思い出が形としてずっと残ることが気に入っているそうだ。

所在地
鹿児島県薩摩川内市

ひとつ前のページに戻る

粹家創房おすすめの施工事例
RECOMMENDED WORKS