IKIYA-SOOBOU

施工事例 WORKS

家族の未来をイメージした家づくり

  • 注文住宅
  • ポーターズペイント
  • 吹抜け
  • 自然素材
  • ママ目線
  • 対面キッチン
  • 間取り重視
  • 収納たっぷり

「子どもが思春期になったとき、“そういう時期もある”と突き放すのではなくて、対等に話せる関係を目指したい」

 家づくりのこだわりについて話してくれたのは、堀内陽介さん。

 妻の希さんと娘のほのかちゃんは、隣で笑いあいながら耳を傾けていた。

 

 鹿児島市内の高校で教師を勤める陽介さんは、生徒との関わりのなかで子育てについて自分なりの考えを持つようになったという。

「たとえば階段がリビングにあったら、学校帰りの娘と顔を合わせたり、話をする時間が自然とできてくると思います。小さな工夫が大事なんじゃないかと思うんです。」

 リビングの一角には大きな窓で囲われた部屋がある。今は陽介さんの作業部屋として利用しているそうだが、将来的にはほのかちゃんのリビング学習に使われる予定だ。

 

 「冨ヶ原社長やインテリア担当のまやさんが提案してくれるイメージ一つひとつが、私たちの思い描いていたものとぴったり重なっている感じがしました。特にキッチンを中心とした家事動線はとても使いやすく満足しています。担当の小林さんも同世代だったこともあって、細かいところまで気軽に相談できてよかったです。」

 粹家創房スタッフとのやりとりを振り返りながら、嬉しそうに話す希さん。

 希さんの優しい性格や人当たりの良さは、ほのかちゃんの穏やかさに結びついているように感じられた。

ほのかちゃんは一歳の誕生日を迎えたばかり。

二人の未来への思いがつまったこの家で、これからほのかちゃんがどのように成長していくのか。今から楽しみだ。

所在地
鹿児島県姶良市西餅田
間取り
4LDK

ひとつ前のページに戻る

粹家創房おすすめの施工事例
RECOMMENDED WORKS