IKIYA-SOOBOU

高効率 HIGH EFFICIENCY

ZERO ENERGY
“省”エネと、“創”エネ。
2つを実現する自給自足型住宅。

粹家創房の家は、2030年の基準で創るゼロエネルギー住宅。
家庭で使う電気やガスの一次エネルギー消費がゼロになるように計画した“自給自足型住宅”の実現が可能です。

1

建物の高気密・高断熱化

外壁はもちろん、サッシやガラス、ドアも高断熱の仕様に。
気密性を極限にまで高めた温度を逃しにくい住宅は、エネルギーを無駄にせず、冬でも暖かく快適に過ごせます。

2

自然素材で快適な生活

断熱性や調湿機能が高い無垢の木や珪藻土などを使用した自然素材でできた家は、耐久性にも優れているとともに、家庭の健康も守ります。

3

省エネ設計の実践

夏は自然の風が通る設計で涼しく、冬は日差しを取り入れて暖かく。日当たりの悪い部屋は、上部採光や天窓で明るさをアップさせ自然のエネルギーを活用します。

4

創エネ設備の設置

日々の暮らしの中で使用する冷暖房や照明、ガスなどのエネルギーを太陽光発電、温熱システム等を装備し、わが家で創り、賄います。

太陽光発電

創ったエネルギーは家で消費し、余った分は蓄電または充電してさらにおトクに。太陽光発電システムなら、高い発電効率で同じ設置面積でも大きな発電量を実現します。光熱費の一部を賄ったり、家庭内のエネルギー管理システム(HEMS)とつなぐことによって、電力の小売り自由化後の多様な料金メニュー(デマンドレスポンス)に対応することができます。

蓄電池

電気を貯めて必要な時に必要なだけ使うことができる家庭用蓄電池。太陽光発電と蓄電池を併用することで、災害、停電時など“もしも”の時に非常用電源として使うことができます。また、深夜電力を自動で充電し、電力を一番消費する昼間の時間帯になると、充電した電力利用に切り替え使用することができ、電力会社からの電力利用を抑えます。夏場などの昼間のピーク時のエネルギー削減ができ、ご家族の電気料金を抑えることができます。

30年後、40年後も快適に。

ライフサイクルコストとは、建築費など最初に必要な「イニ シャルコスト」、実際に暮らしはじめてからかかる光熱費などの「エネルギーコスト」、そして保守や修繕に必要な「メンテナンスコスト」で構成される費用のことです。

OTHER CONTENTS

家づくりのこだわり COMITTED

アフターフォロー AFTER FOLLOW