IKIYA-SOOBOU

制振金物 DAMPING HARDWARE

DIT制震筋かい金物は、第1工業大学・横浜国立大学が開発した高減衰ゴム付きの壁倍率2倍用筋かい金物です。制振金物とは

DIT制震筋かい金物は、第1工業大学・横浜国立大学が開発した高減衰ゴム付きの壁倍率2倍用筋かい金物です。
筋かいの損傷を防ぐ効果を発揮して、本震にも、その後の余震や繰り返しの地震にも強い家づくりを、優れたコストパフォーマンスで可能としました。
新築で剛性が高く耐震性に優れた建物でも、長期間にわたる振動や衝撃の繰り返しで、徐々に接合部などが緩み、耐震性能が薄らいできます。
DIT制震筋かい金物は、その振動や衝撃を吸収して、地震による建物の揺れを最大限軽減し、新築時の剛性を維持させ、建物の長期的な耐震性能をサポートします。

3つのメリット

THREE MERITS

MERIT

揺れを軽減

地震による建物の揺れを最大約75%※軽減。
本震にも余震にも強い家を実現します。

※軽減する揺れ幅は、建物形状、配置プラン、地震波によって異なります。

揺れを軽減

MERIT

施工性

施工は既存の筋かい金物と同様にビスどめするだけ。
構造材に制震のため特殊な加工を施す必要もなく、
施工の手間がかからないため施工者による性能のばらつきが出ません。

施工性

MERIT

コストを軽減

木造住宅の耐震要素で重要となる筋かい金物に着目。
筋かい金物と高減衰ゴムによる制震機能を組み合せたシンプルな構造で、低コストでの設置が可能になり、
木造住宅における「制震の標準化」を実現しました。

コストを軽減

OTHER CONTENTS

家づくりのこだわり COMITTED

アフターフォロー AFTER FOLLOW