IKIYA-SOOBOU

高耐震 HIGH EARTHQUAKE RESISTANCE

制振金物とは

筋かいの損傷を防ぐ効果を発揮して、本震にも、その後の余震や繰り返しの地震にも強い家づくりを、優れたコストパフォーマンスで可能としました。
新築で剛性が高く耐震性に優れた建物でも、長期間にわたる振動や衝撃の繰り返しで、徐々に接合部などが緩み、耐震性能が薄らいできます。
DIT制震筋かい金物は、その振動や衝撃を吸収して、地震による建物の揺れを最大限軽減し、新築時の剛性を維持させ、建物の長期的な耐震性能をサポートします。
粹家創房の家は、地震に対する構造躯体の倒壊・崩壊のしにくさの中で最高等級である耐震等級3を実現しており、全棟「許容応力度計算」を実施しております。

耐震等級3

耐震とは、地震が来ても建物自体が大きく揺れないよう構造をガッチリと固くし、
地震の被害から建物を守る方法で耐震等級は地震に耐えられる性能のレベルを指します。
耐震等級は等級1〜3に分けられ、等級1は建築基準法に定められている、
“極めて稀に発生する地震(震度6強〜7程度)に耐えられる”レベルを指します。

耐震等級1

基準法レベル
一般の戸建て住宅と同じレベルの耐久性

耐震等級2

基準法1.25倍の耐震性
病院や学校などの避難所となる建物の耐久性

耐震等級3

基準法1.5倍の耐震性
消防署など防災拠点となる
建物の耐久性

地震に対する構造躯体の倒壊・崩壊のしにくさの中で最高等級

3つのメリット

THREE MERITS

MERIT

揺れを軽減

地震による建物の揺れを最大約75%※軽減。
本震にも余震にも強い家を実現します。

※軽減する揺れ幅は、建物形状、配置プラン、地震波によって異なります。

揺れを軽減

MERIT

施工性

施工は既存の筋かい金物と同様にビスどめするだけ。
構造材に制震のため特殊な加工を施す必要もなく、
施工の手間がかからないため施工者による性能のばらつきが出ません。

施工性

MERIT

コストを軽減

木造住宅の耐震要素で重要となる筋かい金物に着目。
筋かい金物と高減衰ゴムによる制震機能を組み合せたシンプルな構造で、低コストでの設置が可能になり、
木造住宅における「制震の標準化」を実現しました。

コストを軽減

全棟構造計算の安心感

いくら、材料が腐らないといっても、構造上ムリがあるようでは、安心して住まうことのできる家にはなりません。
Sシリーズでは、全棟構造計算することで、ムリ・無駄のない構造を実現。構造としても素材としても真に長持ちする住まいを造りあげます。

OTHER CONTENTS

家づくりのこだわり COMITTED

アフターフォロー AFTER FOLLOW